郷土史探訪第3回 「江戸川」 ~その開削の歴史と舟運そして洪水~

野田公民館主催講演劇郷土史探訪第3回
「江戸川」
~その開削の歴史と舟運そして洪水~

江戸川

郷土探訪シリーズ三回目となる今回は、徳川家康江戸入府後にはじまった河川事業に端を発して開削され、野田の醤油の流通にもおおきな貢献を果たした江戸川に ついて取り上げます。難工事となった経緯をその開削について記された古文書「小流寺縁起」を元に紹介、その後の舟運や洪水の様子にもふれながら、江戸川の 歴史を紐解いていきます。

【日時】2014年10月11日(土)

【会場】欅のホール・小ホール

【開演】13:30(13:00開場)*入場無料

【講師】作家 高崎哲郎氏

【聞く人】演出家 梅田宏氏

【参加申し込み・ お問合せ】
野田市野田公民館 04-7123-7819
3階窓口又はお電話にて受付いたします。

 

 

 

郷土史探訪第2回 「関宿藩」 ~江戸幕府を支えた関宿藩の役割とは~

野田公民館主催講演劇
郷土史探訪第2回
「関宿藩」
~江戸幕府を支えた関宿藩の役割とは~

kyoudo-sekiyado

天正18(1590)年、徳川家康が関八州を与えられ関東に入府しました。
河川の集まる軍事上重要な関宿の城主には異父弟の松平康元をあてました。
その後、康元は初代関宿藩主となり、江戸時代を通して関宿藩主には代々譜代大名が配置されることとなります。
関宿城は江戸を守る重要な役割を持つとともに、老中など幕府要職を預かる人材も輩出しています。
そうした関宿藩の役割と藩主などについて、千葉県立関宿城博物館館長・太田文雄氏にお話をうかがいます。

【日時】2014年8月30日(土)

【会場】欅のホール・小ホール

【開演】13:30(13:00開場)*入場無料

【講師】千葉県立関宿城博物館館長 太田文雄氏

【聞く人】演出家 梅田宏氏

【参加申し込み・ お問合せ】
野田市野田公民館 04-7123-7819
3階窓口又はお電話にて受付いたします。