第4回朗読フェスティバル in 野田「志賀直哉大会」

第4回朗読フェスティバル in 野田「志賀直哉大会」

   朗読フェスティバル in 野田は、野田市内や近隣地域で活動する朗読グループの発表の場をつくるとともに、グループ間の交流を図ることを目的として始まったイベントです。平成24年度に第1回「宮沢賢治大会」、翌年、生誕100年を記念した「新美南吉大会」、続く昨年の「芥川龍之介大会」、そして今年は、小説の神様「志賀直哉大会」を開催します。
衣装や小道具・大道具、照明や音響に至るまで、各団体が創意工夫を凝らして、文学の世界を朗読で表現します。

shiganaoya1shiganaoya2

   直哉の我孫子時代は、大正四年九月に始まる。我孫子に来て二年後から、我孫子を去る大正十二年三月までの六年間が、直哉が最も仕事に打ち込んだ時期で、この間に、直哉が 小説の神様 と呼ばれる一因となった「小僧の神様」をはじめ数多くの名短編が生まれている。又著作も多数出版され、実生活の上でも極めて密度の高い六年間であった。

【日時】 2015年5月3日(日)・5月4日(月・祝)

【会場】 欅のホール・小ホール

【開演】 13:00(12:30開場)

【入場料(全席自由)】 500円(両日とも入場可)、中学生以上無料

【コーディネーター】 梅田 宏(劇団「彩」主宰、日本演出者協会会員)

【参加団体】
表現グループゆらぎ、野田朗読の会、朗読「あんさんぶ~る」、れいたく朗読グループR-A、朗読ユニットAIU、朗読クラブこうのとり、東部ユーモア会、朗読グループきらら、朗読グループひばりの会、朗読シアター流山、れいたく朗読グループR-B

【朗読作品】
転生、小僧の神様、清兵衛と瓢箪、好人物の夫婦、真鶴ほか

【チケット取扱】

☆窓口販売☆
野田市野田公民館 04-7123-7819

☆予約・ お問合せ☆
野田市野田公民館 04-7123-7819
※電話予約は野田公民館のみ受け付けております。

≪主催≫
第4回朗読フェスティバル in 野田実行委員会
野田市野田公民館・野田市中央コミュニティ会館 指定管理者 欅のホール活性化共同体 代表 アクティオ株式会社